1. <<ブログトップへ

建設業許可が必要な工事とは?

 今回は、建設業許可がどのような場合に必要なのかについてご説明したいと思います。
                                                                                    
建設業を営む方の中で以下にあてはまる方は、許可が必要となります。
 

  ●工事請負代金が500
万円以上の場合
建設業を営む場合、原則建設業許可が必要とされています。
ただし、軽微な工事、工事請負代金が500万円未満(建築一式工事は除く)の場合はこの限りでない、とされています。
そのため、規模の大きい工事をする場合は許可が必要になります。

  ●建築一式工事の工事請負代金が1500万円以上の場合
建築一式工事の場合は、500万円ではなく、1500万円以上となっています。
また、延面積150㎡未満の木造住宅の場合は、軽微な工事とみなされるため、許可は不要となります。

  ●公共工事を請負いたい場合
公共工事を請負うためには、経営事項審査を受ける必要があります。その経営事項審査には、建設業許可の取得が必須となっております。
 
わかりにくい場合は下記フローチャートをお試しください

※なお、上記にあてはまらない場合でも、解体工事業・浄化槽工事業・電気工事業等、他の法律により登録等を必要とするものがありますのでご注意ください

 まとめ

 建設業許可は、規模の大きい工事や公共工事をするために必要なものとなっております。
また、許可を取得するためには、いくつかの要件があり、許可を取得しているということは、それらをクリアしているという証明にもなるので、社会的信頼を得ることにもつながります。
建設業を営んでいる方は、建設業許可取得について考えてみてはいかがでしょうか。
 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
1日1クリックしていただけると嬉しいです!

  1. <<ブログトップへ

Webからのお問い合わせはこちら

皆様の抱えるお悩みを解決 あなたのもとに、お伺いします。税理士法人SMASH経営

ピックアップ

カテゴリー

RSS

サービス一覧