COLUMN

コラム

  • TOP
  • コラム
  • 日本フードアドバイザー協会発信!飲食店販売促進のポイント!(その2)

経営情報 / 飲食業

2022.05.27

日本フードアドバイザー協会発信!飲食店販売促進のポイント!(その2)

「このお店のおすすめは何ですか?」

そう聞かれたとき、全く答えを持っていないお店はないでしょう。

看板メニュー、季節限定商品、シェフこだわりの一品、開店当時からの変わらぬ定番…様々あると思います。

 

ですが、お店側からすすめるとなると…

 

「ランチの時間はとても忙しくて、お客さん全員に『おすすめ』まで言えていない」

「おすすめしているというより、決められたセリフを言うだけになっているスタッフもいて、思ったよりお客さんに響いていない」

 

そんな風にお悩みなら。

今回のテーマである『POP広告』が、役に立つかもしれません!

 

POP広告とは!


POP広告とは、point of purchase広告の略、つまり「購買時点広告」です。

つまりはお客さんが意思決定する、まさにその時に働きかける広告であり、「ものいわぬセールスマン」ともいわれるそうです。

 

存在感をもちつつも、押しつけがましいとは思われず、お客さまがテーブルにいる間アピールし続ける…という、人間のスタッフではできない側面から、販促に貢献してくれるのです。

 

POP広告の効果が特に期待できるもの


POP広告にする効果が高いものとしては、

おすすめメニュー

子ども向けの商品

・追加オーダーの対象になりやすいもの(デザート類など)

…等が挙げられます。

 

また、ランチタイムのように

・混みあいやすい

・「早く安く食べたい」といったニーズを持ったお客さまが集中しやすい

…といった状況であれば、POP広告によりオーダーを誘導しやすくなります。まとまったオーダーにより、厨房がパニックになりにくいのです。

 

ただし、注意を引くからこそ、注意すべきこともあります。

載せるメニューは、お客様に満足してもらえるものである必要があるのです

POP広告もお店とお客さまとのコミュニケーション。がっかりさせてしまうようでは、逆効果になってしまうのです。

 

POP広告を効果的に使うポイント


・写真入りPOP広告は、やはり視覚的効果が高いです。

美味しさ、お値打ち感を表現しましょう。

・メニュー表と同様に、見る楽しさ・読む楽しさを組み込みましょう。

・メーカーさんからPOP広告が提供されることもありますが、お店の雰囲気に合わないのであれば、独自のデザインを施すなどの工夫をしましょう。

 

日本フードアドバイザー協会


 以上、日本フードアドバイザー協会の『飲食店 奇跡を起こす!レター!!』より抜粋、一部編集しました。

 日本フードアドバイザー協会とは、日本唯一の飲食ビジネス支援プラットフォームとして活動する団体で、税理士法人スマッシュ経営もその一員です。

 今回抜粋したものの全文については、添付PDFからご覧いただけます。

 また、税理士法人スマッシュ経営第3課こと、飲食店専門課のHPはこちらです。

 InstagramYouTubeでの情報も配信中!

 

添付:奇跡を起こす!レター!!

同じカテゴリの記事