COLUMN

コラム

  • TOP
  • コラム
  • 最大250万円! 事業復活支援金の制度概要について

助成金・補助金情報

2022.02.05

最大250万円! 事業復活支援金の制度概要について

 

本日は、中堅・中小・小規模事業者、個人事業者のための「事業復活支援金」についての情報をお伝えします。

 

事業復活支援金とは、新型コロナウイルス感染症により、大きな影響を受ける中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業規模に応じた給付金を支給する制度です。

 

一定の条件を満たせば、「最大250万円」の支援金を受け取れる可能性がありますので、今すぐ給付条件を確認しましょう。

 

◆給付対象条件 

要件1

地域、業種を限定しない、中堅・中小企業、個人事業主、フリーランス

要件2

新型コロナの影響で、2021年11月~2022年3月の間のいずれかの月の売上高が、

2018年11月~2021年3月の同じ月より30%以上減少していること

 

◆給付額

 給付額の上限は売上高や事業規模によって異なり、法人が60万~250万円、個人事業主が30万円または50万円です。

※原則として、申請受付から2週間以内に振り込むこととされています。

 

◆申請書類

・確定申告書

・対象月の売上台帳等

・通帳の写し(振込を希望する口座)

・履歴事項全部証明書(法人のみ)

・本人確認書類(個人事業主のみ)

・過去に一時支援金、月次支援金の需給実績がない事業者は別途必要書類あり

 

◆申請方法

① 事前確認

事業復活支援金を申請する前に登録確認機関による事前確認を受ける必要があります。

登録確認機関の検索はコチラ(外部サイト)

※中小企業庁「事業復活支援金サイト」

 

★★税理士法人スマッシュ経営は登録確認機関です★★

 

② 申請

事業復活支援金ホームページからの電子申請を基本とします。 申請にあたり、GビズIDを取得する必要はありません。
なお、電子申請の方法がわからない方・できない方等については、申請サポート会場をご利用いただけます。

申請サポート会場の検索はコチラ(外部サイト)

※中小企業庁「事業復活支援金サイト」

 

 

◆申請期間

 

コロナ禍における中小企業向け支援策である“事業復活支援金”の申請については、税理士法人スマッシュ経営までお気軽にご相談ください。

同じカテゴリの記事