1. <<ブログトップへ

納税証明書の種類は?

会社を経営していると、納税証明書を求められることがあると思います。
実はこの納税証明書にはいくつか種類があるのをご存じでしょうか。
今回は、納税証明書が必要になったときに困らないように、納税証明書の種類について書いていきたいと思います。
 

納税証明書の種類・取得場所

 先ほど、納税証明書にはいくつか種類があると書きましたが、それぞれ証明する内容や税金の種類によって分かれています。それによって取得場所も異なりますので注意しましょう。

 ●国税(所得税・消費税・法人税など)
まず、国税の納税証明書に関してご説明します。
国税の納税証明書はすべて、所轄の税務署で取得することができます。


 ●都道府県民税(個人事業税・法人事業税・法人都道府県民税など)
こちらは、所轄の都道府県税事務所で取得することができます。


 ●市町村民税(固定資産税・法人市民税など)
こちらは、所轄の市役所・市町村税事務所で発行することができます。
軽自動車継続検査用納税証明書等がこちらで取得できます。
各市町村によって、細部が異なってきますので、市町村のHPをご確認ください。
確定申告や住宅ローンの手続きで必要になる書類があります。 
 
 このように、それぞれ証明する内容が異なってくるため、納税証明書を求められた場合には、相手がどの証明書を欲しがっているのか確認しなければなりません。
これらの証明書は、取得の際の必要書類等が少しずつ違うものがありますので、次回取得方法・その際の必要書類について書きたいと思います。
 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
1日1クリックしていただけると嬉しいです!

  1. <<ブログトップへ

Webからのお問い合わせはこちら

皆様の抱えるお悩みを解決 あなたのもとに、お伺いします。税理士法人SMASH経営

ピックアップ

カテゴリー

RSS

サービス一覧