1. <<ブログトップへ

医療費控除

 皆さんも確定申告時期に耳にすることがあるかもしれません、医療費控除。聞いたことはあるけどよくわからない、という方のために、今回は医療費控除について解説したいと思います。

医療費控除とは?

 医療費控除とは、自己又は自己と生計を一にする(同じ財布や預金口座で暮らしている)配偶者その他親族のために医療費を支払った場合に受けることのできる所得控除です。医療費の要件は以下のとおりです。

・ 納税者が自己又は自己と生計を一にする配偶者その他親族のために実際に支払った医療費であること

・ その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること
  クレジットカードやローンを利用した決済の場合、信販契約成立時(銀行引き落としの時ではない)の年において、元金のみが控除対象

・ 未払いの医療費については、翌年以降支払った年の控除対象(死亡後に支払ったものは相続人等の医療費になる)

いくらから受けられるのか?

 医療費控除は10万円以上の医療費を支払っていないと受けられないと考えている人も多いようですが、総所得金額が200万円未満の方は総所得の5%を超えた額が医療費控除の額となります。

医療費控除の対象となるもの・ならないものは?

医療費控除の対象となるもの・ならないものは?

 医療費控除の対象になるものは大雑把に言うと「治療目的のもの」です。したがって、「予防目的のもの」、例えば人間ドックや予防接種は対象にならないので注意が必要です。しかし、その人間ドックで病気が発覚した場合は控除対象となります。具体的な項目については、国税局のHPに列挙されています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
1日1クリックしていただけると嬉しいです!

  1. <<ブログトップへ

Webからのお問い合わせはこちら

皆様の抱えるお悩みを解決 あなたのもとに、お伺いします。税理士法人SMASH経営

ピックアップ

カテゴリー

RSS

サービス一覧