Second opinion

セカンドオピニオン

決算書に信憑性を。複雑な税務判断に安心感を!

セカンドオピニオンとは、税務上の判断や納税額の算出などについて、現在契約を締結している税理士とは別に、違う税理士に求める「第2の意見」をいいます。
租税実務としては、各種の租税法に加え、課税庁が内部における判断の指針としての「基本通達」があります。これらの法律や基本通達の解釈の仕方により、税務上の判断が税理士により異なる場合があります。
そのため、複数の税理士が税務判断や申告に関わることで、より信頼性の高い決算書や申告書の作成が見込まれます。

スマッシュ経営が解決に導く悩みや課題

  • どのような時にセカンドオピニオンを依頼すればよいのかわからない。
  • セカンドオピニオンを受けることで、既契約の税理士の機嫌を損ねてしまうと困る
  • セカンドオピニオンって結局どうすればいいの?