Simplification tax audit

書面添付制度による税務調査の簡素化

ワンランク上の申告書・決算書を一緒に創り上げましょう!

「書面添付制度」とは、税理士が申告書に保証書のようなものを添付し、その信用性をアピールする制度です。
この制度を利用した場合、税務署が申告内容に疑問や異論をとなえた場合も、納税者の元に税務調査は行かず、まず、税理士へ「意見徴収」を行うことになっています。
実際には、この「意見徴収」により税務署の疑問等が解決することが多く、結果として税務調査が省略される、というメリットが生じます。
また、決算書の信頼性が高まることで、金融機関からの有利な融資条件が提供される可能性もあります。

スマッシュ経営が解決に導く悩みや課題

  • 「書面添付制度」とは何?
  • 誰でもこの書面添付制度を利用することができるの?
  • 「書面添付制度」を利用したいが、税理士に断られてしまった経験がある