Tax-saving measures

事業承継

まずは現状把握!

経営者はいずれ自身の勇退と会社を次世代に承継するという問題に直面します。
その方法としては、経営者の親族や自社の従業員に承継する経営者もいれば、第三者に事業を譲渡・売却・M&Aをすることで次世代に引き継ぐ経営者もいます。
いずれの場合も事前の準備が重要でありますので、一人で悩みを抱え込まずに、ますは現状を把握し、来るべき時にスムーズに承継を行えるように早い段階から準備しましょう。

スマッシュ経営が解決に導く悩みや課題

  • 事業承継に必要な期間がわからない
  • 事業承継はいつから準備する必要があるのかわからない
  • 後継者がいない
  • 後継者はいるが頼りない

現状分析レポート

自社を円滑に承継するためには、後継者を誰にするかという点が重要であり、
それによって誰に、何を承継すべきかという点は異なります。

現状分析レポートでは、まずは経営者の身の回りの状況を把握していただくことで
その後の承継をどのように行うべきかの判断材料としていただくことができます。