1. スマッシュ経営トップ
  2. 相続相談
  3. 遺言書のススメ

相続相談


遺言書のススメ

あなたが相続税でお困りのことは何ですか?

相続発生前、相続発生後でも相続税でやれること、やらなければいけないことがあります。


子供に生前に言い聞かせてあるから、遺言書なんていらないよね?

子供に生前に言い聞かせてあるから、遺言書なんていらないよね?
遺言書は作っておいた方が良いです。
あなたのように生前に、子供に言い聞かせておく方もみえます。そうすれば、話がついているから、死亡後も当然にそのように分けてくれると思っているかもしれません。しかし、死人に口なしです。子供たちがあなたの言い聞かせたとおりに財産分けをしてくれることもありますが、一旦話し合いがこじれてしまうと、何もかもが白紙になり、言った言葉など消えてしまうこともあります。したがって、あなたの思いを伝える意味でも所定の遺言書を残しておくべきです。

自筆証書遺言って簡単に書けますか?

自筆証書遺言って簡単に書けますか?
あなたの遺言内容によっては、簡単に書くこともできます。
ただし、自筆証書遺言は、民法で作成の方法まで決められています。署名・印鑑・日付及び訂正の仕方なども決められています。この要件が整っていない遺言書は無効になる可能性があります。また、自筆証書遺言ですと、相続後見つからない可能性もありますので、費用はかかりますが、安全かつ正確な公正証書遺言で作ることをお勧めします。

遺言執行者って何?

遺言執行者って何?
遺言執行者とは、その遺言を遺言通りに実現する人を言います。
遺言執行者がたてられていないと、遺言書だけでは名義変更が出来ないケースもあります。遺言の内容通りに手続きをして頂く責任者として是非たてておきましょう。遺言執行者を選任する場合は、遺言書で書いておけば、死亡後に裁判所にて執行者の選任の手続きをする必要もなくなります。また、遺言執行者は、相続人でもなれますし、当社でもお引き受けすることは可能です。

相続相談メニュー

相続税対策
増税時代にいかに節税するか?
争族対策
相続が争族にならないために
納税対策
10カ月以内にどのように納税をするか?
相続の手続き
煩雑な手続きお任せ
遺言書のススメ
悔いの残らない思いを形に
成年後見
ご自身の財産管理を頼れる方に
相続税申告書
申告書が税務署から送ってきたけど…?
当社実績
年間どれくらい申告をしているの?
セミナー情報
お役立ち情報を発信します

相続相談のスペシャリストのご紹介

相続・事業承継の匠
お客様の大切な資産を継承します

詳しくはこちら

事業承継に関するお問い合わせ・無料相談

TEL:0566-83-3055
営業時間 平日9:00~17:00(土日祝休)

Webからのお問い合わせはこちら