1. スマッシュ経営トップ
  2. 人事労務
  3. 人事労務にまつわる最新情報

人事労務


人事労務にまつわる最新情報

未払い残業・メンタルヘルス・合同労組ユニオン対策・労災・助成金・セミナー情報など知っておきたい情報満載!

「未払い残業代」に関するトラブルなど

「未払い残業代」に関するトラブルなど「未払い残業代」に関するトラブルなど「未払い残業代」に関するトラブルなど
1.インターネットの影響
インターネット等から情報収集が容易になり、当残業代に関する知識だけでなく、人事労務全般を通じて情報を簡単に入手できる時代になりました。それに伴って労働者の権利意識が大幅に向上しています。因みにインターネットで検索すると残業代請求用の内容証明フォーマットが販売されている事実があるのが現状です。
2.合同労組・ユニオンを利用した請求の増加
解雇等のトラブルにも付随しやすいものですが、素性の知れない者たちが突然介入し団体交渉を要求してくるケースが増加しております。時間や労力を大幅に費やさねばならない最も厄介な事案の一つと言えるでしょう。労使トラブルの総合的予防策が必要です。
3.雇用不安から
終身雇用の崩壊や帰属意識の低下の要因となる大量の希望退職制度やリストラが行われている昨今、従業員の会社への忠誠心も同様に低下傾向にあります。このような中で、不況の影響による昇給の見送りや賞与のカット、もしくは不支給に起因する「残業代」の権利の請求。要は貰えるものは貰いたいという考えへと変遷するわけです。
4.会社側の労務知識不足
専門部署を置けない中小企業では労働法規(特に労働基準法)の知識不足や誤認識が上げられます。「1日で1時間くらいのサービス残業はどこでもやっていることだ」
「うちの会社では1カ月当たりの残業手当は20時間までとなっている」
「うちの会社はみなし残業手当を支払っているから大丈夫」
このような事例は全く通用しません。そもそもサービス残業は違法ですし、「みなし残業」という定義はありません。因みに「みなし労働時間」というのは例えばそれを1日当たり9時間に設定した場合に5時間働いても10時間でも9時間とみなすということです。それと残業代は全く別物です。
5.行政指導の厳格化
「過労死問題や精神疾患の多発を背景とする労働基準監督署の指導の厳格化」があります。過労死や精神疾患の発症が長時間労働との関連性が強いとの判断により「長時間労働の抑制」のために事業所への立ち入りが増加しています。その際に労働時間や割増賃金の支払いの指導が非常に厳しくなっています

これらのことより、今後ますます未払い残業問題は
クローズアップされることが予想されます。
人事労務の専門家スマッシュにまずはご相談ください。


人事労務メニュー

就業規則
労務対策を意識してメリハリを効かせ、あいまいさを払しょくすることが大切です
人事評価制度
会社の実績に合わせたシンプルな制度設計が、社員の成長の源になります
賃金制度
月例賃金・賞与・退職金など意味合いの違いを明確に説明できることが重要です
社会保険・給与計算
(アウトソーシング)
業務の繁閑がなくなり負担を軽減することにより本業に専念できるため、生産性の向上につながります
労務相談
コンプライアンスの時代に労務の問題はその都度解決するのが予防法務の基本です
人事労務にまつわる
最新情報
未払い残業・メンタルヘルス・合同労組ユニオン対策・労災・助成金・セミナー情報など

人事労務のスペシャリストをご紹介

人事労務のお悩み解決!
お客様の会社の発展に貢献します

詳しくはこちら

人事労務に関するお問い合わせ・無料相談

TEL:0566-83-3055
営業時間 平日9:00~17:00(土日祝休)

Webからのお問い合わせはこちら