1. スマッシュ経営トップ
  2. 人事労務
  3. 就業規則

人事労務


就業規則

就業規則のトラブル

就業規則のトラブル

常時10名以上の労働者を使用する使用者は、労働基準法により就業規則の作成が義務づけられています。つまり、就業規則作成は、人を使って事業を営むうえでの責務となっているのです。では、就業規則を法的義務という位置づけだけで捉えていいものでしょうか?そうだとすると、就業規則は、強制されて仕方なく作成するものということになります。しかし、就業規則の位置づけは、それだけにとどまるものではありません。実は、この就業規則の位置づけをどう考えるかによって、人材活用や処遇のあり方が大きく異なってくるのです。法的義務ということを超えて、就業規則のあり方をしっかり考え、 作成する必要があるのです。

また、一度作成した就業規則は普段なかなか見るものではありません。いつ就業規則を見るかといえば、それは何らかの労務トラブルが起きた時です。そのときに就業規則がしっかりしていれば問題ないのですが、例えば「こんなルールになっているとは知らなかった。」「そんな風に規定したつもりはなかった。」など、実態と就業規則が合っていないケースは実は少なくありません。

就業規則はトラブルが起きてから見直そうと思っても手遅れで、トラブルが起きる前に定期的に見直すことが重要です。貴社の就業規則は大丈夫でしょうか?


会社をリスクから守る就業規則を作成します

会社をリスクから守る就業規則を作成します

(1)労働時間、(2)休日、(3)休暇、(4)服務規律、(5)賃金、(6)賞与、(7)教育、(8)安全衛生、(9)休職、(10)懲戒、(11)退職、(12)解雇など会社のルールを規定し、会社の秩序を守るのが就業規則です。そのため、就業規則はしっかり作成しておくべきです。改めて自社の就業規則を丁寧に眺めていくと、これはおかしい、うちの会社にとって現実的ではないといった規定があることに気づくものです。また、初めて就業規則を作るときは、ついついモデル就業規則を丸写しにしてしまいがちですが、これはとてもリスキーです。

スマッシュ経営は一つひとつの規定をコンプライアンスと社内運用の観点から眺め、
会社をリスクから守る就業規則を作成します。


人事労務メニュー

就業規則
労務対策を意識してメリハリを効かせ、あいまいさを払しょくすることが大切です
人事評価制度
会社の実績に合わせたシンプルな制度設計が、社員の成長の源になります
賃金制度
月例賃金・賞与・退職金など意味合いの違いを明確に説明できることが重要です
社会保険・給与計算
(アウトソーシング)
業務の繁閑がなくなり負担を軽減することにより本業に専念できるため、生産性の向上につながります
労務相談
コンプライアンスの時代に労務の問題はその都度解決するのが予防法務の基本です
人事労務にまつわる
最新情報
未払い残業・メンタルヘルス・合同労組ユニオン対策・労災・助成金・セミナー情報など

人事労務のスペシャリストをご紹介

人事労務のお悩み解決!
お客様の会社の発展に貢献します

詳しくはこちら

人事労務に関するお問い合わせ・無料相談

TEL:0566-83-3055
営業時間 平日9:00~17:00(土日祝休)

Webからのお問い合わせはこちら