1. スマッシュ経営トップ
  2. 事業承継
  3. M&A

事業継承


M&A

事業承継を行うにあたって最初に会社を取り巻く状況を正確に把握し整理することが重要です。既に後継者が決まっている会社もあるかもしれませんが、その場合においても、会社の経営資源やリスクなどを調べ、あなたが理想とする事業承継をするためにどのような手順で行うのが良いのかを検討します。具体的な流れとしては以下の通りとなります。


後継者不足によるM&A

自社の株式評価額を知っていますか?

・後継者がいないと、廃業せざるを得ず、従業員の雇用が維持できない。
・従業員による事業承継は、その資金面から困難なことが多い。(株式取得資金がない)

メリット
  • 会社の存続ができ、従業員やその家族にとって、望ましい結果をもたらす。
  • 会社を買収してくれる資金力のある企業が買い手となるため、資金面でのデメリットは少ない。
デメリット
  • 同業種によるM&Aの場合、企業文化が異なることで、様々なトラブルが生じることがある。
  • 異業種によるM&Aの場合、業界内での常識を理解していないことがあり、想定外のトラブルが生じることがある。

経営資金不足によるM&A

役員借入金はありませんか?

新規融資の停止などにより、資金面で会社継続が困難な場合において、買い手企業にとってのメリットを見出してくれれば、一気に改善する可能性がある。

メリット
  • 経営者にとって、融資保証人の重責から解放される。
  • 企業規模が小さい場合においても、買い手が見つかることがある。
デメリット
  • MBOなどにより、買い手企業にとってメリットのある部門のみが買収対象となる可能性がある。
  • シナジー効果が低い場合には、早い段階でのリストラがあり得る。

M&A以外での後継者不足の解決方法

遺言書を作成していますか?

・株式の上場
・廃業、精算


M&Aの主な手法

M&Aの主な手法としては、以下の通りです。
・株式取得
・合併
・事業譲渡
・会社分割
上記の方法の中で最も利用される手法が、「株式取得」です。理由は手続きの簡便さが挙げられます。ただ、その「株式取得」をするためには、それなりの資金力がなければなりません。ここに、従業員が事業承継をする難しさがあります。株式取得に数千万円~数億円を準備することができ、さらに金融機関への担保力や取引先への信用力を保有する従業員が、貴社の中に何名いらっしゃいますか?


買い手企業の目的

遺言書を作成していますか?

売り手企業としては、自社に価値を認めてくれたという点で感謝をしつつ、買い手企業の腹の中を読みたい衝動に駆られることでしょう。一般的に、買い手企業の企業買収の理由は下記の2点です。
・優良な中小企業を譲受け、新規事業として大きく育てていきたい。
・経営の多角化やシナジー効果を狙い、より大きな利益を生み出したい。


仲介業者の活用

M&Aは、債権者、債務者、株主等々、法律的にも心情的にも乗り越えなければならない壁が多々存在します。過去に、「企業買収」として世間を賑わせたニュース等により、不安視されることが多かったM&Aですが、少しずつ中小企業においても浸透しつつあるように思われます。ところが、逆に件数が増えてくると暗躍し始めるコンサルタントと称する仲介業者です。実は、M&Aの仲介に関して、公的な資格はありません。 また、正式な契約に基づかず、当事者同士でのやり取りの中で、重要な情報漏えいや心情的な乖離により、あえなく破談し、時をおかずして廃業する、といったケースもあります。
アメリカにおいては、「M&Aに精通したアドバイザー抜きのM&A交渉など考えられない」とまで言われます。
私たちSMASH経営では、㈱日本M&Aセンターと協力し合いながら、貴社のM&Aを応援する体制を整えております。また、弊社内に2名のM&Aシニアエキスパート(金融財政事情研究会認定)を有し、いつでも具体的なご相談を受けることができます。

事業承継メニュー

事業承継税制
事業承継税制について詳しく知りたい
承継者の確保・育成
会社経営を任せられる後継者がいない。子供が後を継いでくれれば一番よいが、後継者としての資質が心配
中小企業の株価算定
月例賃金・賞与・退職金など意味合いの違いを明確に説明できることが重要です
承継の円滑化
「株式評価額」「役員借入金」「遺言書を作成」についてもサポートします
事業承継の流れ
事業承継を行うにあたって最初に会社を取り巻く状況を正確に把握し整理することが重要です
M&A
貴社のM&Aを応援する体制を整えております