1. スマッシュ経営トップ
  2. 事業承継
  3. 中小企業の株価算定

事業継承


中小企業の株価算定

どうやって計算するの?

引き継ぐ相手によって、わかりやすく説明します。


中小企業の株式評価(株価)とは

中小企業の株式評価(株価)とは

株式会社は株式の発行により資金を調達し、会社を運営しています。トヨタ自動車などの上場企業は、金融商品取引所が決めた株価により株式が売買されています。中小企業も株式会社は、上場企業と同様に株式を発行して会社を運営しています。会社を後継者に引き継ぐ際に、もちろん株式も引き継ぐこととなります。その時に、重要になってくるのが「株価」です。上場していない会社(非上場会社)には金融商品取引所は株価を決めてくれません。売却金額はいくらにするのか?贈与した場合に贈与税はかかるのか?というのも株価が決まらなければ計算できません。そのため、相続税法では非上場株式の評価方法が定められており、その金額を株価として引き継ぎます。


親族が株式を引き継ぐ場合

親族が株式を引き継ぐ場合

親族が株式を引き継ぐ場合には、次の経営者として株式を引き継ぐとして認識されます。そのため、会社の現在の価値を厳密に計算しなければならないため「原則的評価方式」という方法で計算されます。この方法は「類似業種比準方式」と「純資産価格方式」という方法を会社の規模に応じて選択や併用して計算されます。「類似業種比準方式」とは、似たような上場会社の株価をもとに3つの要素(配当金額・利益金額・純資産額)を比べ計算する方法です。「純資産価格方式」とは、自社の資産から負債を差し引き、発行済株式数で割ることで株価を計算する方法です。


親族以外の第三者が引き継ぐ場合

親族以外の第三者が引き継ぐ場合

親族以外の第三者が株式を引き継ぐ場合には、経営を引き継ぐわけではなく配当等をもらうことを目的として認識されます。そのため、親族が引き継ぐ場合と比べ厳密な方法は不要なため「特例的評価方式」という方法で計算されます。この方法は「配当還元方式」という方法を利用し、配当金額をもとに株価を計算する方法です。


事業承継メニュー

事業承継税制
事業承継税制について詳しく知りたい
承継者の確保・育成
会社経営を任せられる後継者がいない。子供が後を継いでくれれば一番よいが、後継者としての資質が心配
中小企業の株価算定
月例賃金・賞与・退職金など意味合いの違いを明確に説明できることが重要です
承継の円滑化
「株式評価額」「役員借入金」「遺言書を作成」についてもサポートします
事業承継の流れ
事業承継を行うにあたって最初に会社を取り巻く状況を正確に把握し整理することが重要です
M&A
貴社のM&Aを応援する体制を整えております