COLUMN

コラム

  • TOP
  • コラム
  • 建設キャリアアップシステムの申請サポート  申請受付中!!

建設業

2021.12.08

建設キャリアアップシステムの申請サポート  申請受付中!!

令和3年11月5日の当事務所コラム「建設キャリアアップシステム」は御覧いただけましたでしょうか?建設キャリアアップシステムのコラム掲載以降、たくさんのお問合せをいただきました。

建設キャリアアップシステムの概要は前回のコラムをご確認していただき、今回はさらに、建設キャリアアップシステムの必要性や申請までの流れをお伝えいたします!


今すぐ登録が必要なの?

現時点では、建設キャリアアップシステムの登録は強制ではありません。そのため「すぐに登録が必要なのか」、「周りの状況を見てからでも遅くはないんじゃないか」等、お考えになるかもしれません。しかし、外国人技能実習生や「在留資格」特定技能を持つ外国人の方の受け入れには建設キャリアアップシステムへの登録が令和2年1月より義務化されています。

また、公共工事などから「現場入場の際に建設キャリアアップシステムへの登録が必要」という要件が課されるなど、普及に向けた取り組みが始まっており、この動きはゼネコンから下請業者へと広がっています。

令和3年4月1日より、経営事項審査の改正が施行され、技能者については建設キャリアアップシステムによるレベル判定に基づき評価がなされます。

建設キャリアアップシステムは、登録者が少ない段階にもかかわらず、利用料が大幅に値上げされたこともあり、国の目標を大きく下回る運用状況です。

ただし、経営事項審査をはじめ、自治体によっては独自に総合評価落札方式での加点等、少しずつ建設キャリアアップシステムの影響範囲が広がってきています。今後、経営事項審査の加点を考えていく上では、建設キャリアアップシステムの登録は必須になってくることが予想されます。


登録の申請は?

建設キャリアアップシステムの必要性は感じていただけたと思いますが、いざ登録をしようと国土交通省の利用手順を確認してみたら、準備したり用意したりする書類が多く、とても煩雑なことがわかります。下の図は国土交通省の手順の抜粋になります。


めんどうな手続きはスマッシュグループにおまかせください!!

「どのような書類を集めればいいのかわからない」、「パソコンが苦手でインターネット申請ができない」、「事業者登録と技能者登録はどっちからやればいいの?」等、頭を悩ませる必要はありません!!

スマッシュグループにおまかせしていただければ、「事業者登録」も「技能者登録」もどちらもサポートいたします。スマッシュグループでの申請サポートの流れは、たった2つ!!

 

  1. 事業者登録、技能者登録で必要となる資料とお知らせいただく情報をご案内いたします。
  2. 必要資料がご準備できましたら、登録内容のご要望について確認し、十分に打ち合わせのうえスムーズに対応いたします。

 

◆スマッシュグループ◆

行政書士法人スマッシュ申請代行(担当:日比野)までお問合せください。

☎0566-83-3718

同じカテゴリの記事