1. スマッシュ経営トップ
  2. 起業支援
  3. 起業に準備すること

起業支援


創業計画書に記入する主な内容

万全の起業準備をして会社を円満スタート!

①創業の動機,②創業する事業の経験状況,③取扱商品・サービス,④取引先・取引条件等,⑤必要な資金と調達方法,⑥創業後の損益計算書(※1)・資金繰り表(※2)・借入返済計画書


起業準備で必要なものは?

起業準備で必要なものは?
弊社では起業家の皆様とお話しながら、事業構想などのイメージを具体的に目で見える言葉や数字で表し、皆様の構想が実現できるか判断するための創業計画書を作るお手伝いをいたします。
創業計画書は起業家自ら考え作ることで、魂のこもったものとなります。外部に委託してそれらしいものを作っても「絵に描いた餅」となってしまいます。
※1損益計算書とは売上や仕入、諸経費より見込まれる利益を計算した書類となります。
※2資金繰り表は見込まれる利益から借入の返済や税金、次への設備投資の準備金などを加味して、お金がうまく回っていくかを判断する資料となります。

過去あったケース

・自身で創業計画書を作成し銀行からの融資も受けられ無事創業したが、いざ創業してから売上が想い描いた金額にいたらず、多額の設備投資資金を銀行からの借入金で賄ったため、債務超過が続き廃業した。
上記の過去あったケースのようにならないためにも、自身以外の人に「無理のない計画なのか?」「実現性がある計画なのか?」を判断してもらう必要があります。人は自身に甘いものです。傍から見ればそんな売上や利益にならないと想像できても、本人は気付かないものです。我々にご相談いただければ、皆さんが思い描いているものを具体的に目に見えるものとし、我々がもっているノウハウや知識、情報を加味して皆様の今後の人生を考えた上での厳しい目で計画内容を吟味させていただきます。

また弊社は、日本政策金融公庫とタイアップにより定期的に融資相談会を開催しておりますが、その日程以外において起業に関するご相談をお受けしておりますので、起業家を志す方は『こちら』から創業計画書をお作りいただき、弊社までご相談ください。弊社職員があなたのもとまでお伺いします。


企業支援メニュー

新たに事業を始める方
開業支援のことなら業種別に専門スタッフがいる弊社におまかせください
法人設立をお考えの方
顧問先1100社、経営者の皆様を完全サポートします
起業支援制度
認定支援機関による事業計画などの書類作成提出で助成金支援・起業・第二創業・海外進出をサポートします
起業に準備すること
万全の起業準備をして会社を円満スタート
費用と起業までの流れ
会社設立からその後の税務・労務・行政手続き・経営者の方の相続までサポート
セミナー情報
お役立ち情報を発信します

業種別に見る起業事例~業種別に特化し、高い専門性を持ったスタッフが対応します~

  • 医療関連でお悩みの方
  • 製造業でお悩みの方
  • 建設業でお悩みの方
  • サービス業でお悩みの方

起業支援のスペシャリストをご紹介

業種別に専門家が支援!
専門特化したスタッフがサポートします。

詳しくはこちら

起業支援に関するお問い合わせ・無料相談

TEL:0566-83-3055
営業時間 平日9:00~17:00(土日祝休)

Webからのお問い合わせはこちら