の最近のブログ記事

 あけましておめでとうございます。

 今年の干支(えと)は、言うまでもなく辰です。動物では、竜を当てます。この字は本来は16画の「龍」ですが、今は10画となってます。リュウの他にリョウとも読みます。坂本竜馬や画竜点睛(注)がそうです。

 西洋には似て非なる「ドラゴン」という怪獣がいます。空を飛べる点は同じですが、口から火を吹いたり、もっぱら悪役となる処は映画等で見る通りです。一方の竜は、水に縁が深く、これから竜宮とか竜神、竜王とばります。我が中日ドラゴンズは、絵からすると竜の様ですが、時には火を吹くのもあり、一部では混同しているようです。まあいずれにせよ、両方の良い所どりをすれば、巨人や虎は相手にはならないでしょう。

 さて中国には、この他に鳳凰や麒麟(キリンビールのラベル)という想像上の動物がいますが、竜が最高位です。だから竜は皇帝・天子の別称ともなってます。

現在の中国の親達が、息子が立派になる出世するように願うことを「望子成竜」といってます。ちなみに今は亡きブルース・リーの中国での芸名は「李小竜」で、ジャッキー・チェンのそれは「成竜」です。また娘が美しく育つようにと願うことは「望女成凰」と言います。(鳳はオス)

 ところで、どこかの国の宰相は「どじょう」と自称している様です。がこういう人が国をどのように治めるのか、いつまで務めるのかも気になるところです。

(注)

画竜点睛は、語源からしても、ひとみの意味の「睛」でなければなりませんが、よく間違えて「晴」と書かれます。私も最近まで間違えていました。

|