大公望

中国の最初の書物と言われる「易経」は紀元前700年頃に成ったとされています。一方、日本で「古事記」が成ったのは712年ですから、その間、実に1400年の開きがあります。

又「臥薪嘗胆」の呉越が争ったのは紀元前495年前後の話しです。

このように中国と日本との歴史の差はおどろくほどです。

さて、釣り好きの人の別名「大公望」の話も周の時代(BC1050?~BC256)のことです。この人は「呂尚(ろしょう)」という名なのですが、渭水(いすい)で釣りをしていて、そこを通りかかった周の文王に見出され、文王の先君の大公が望んでいた人物として「大公望」と呼ばれたところからきています。

又、この史実をふまえて、江戸時代の川柳に「食いますか、などと文王そばにより」があります。(ということは、江戸の庶民はこの史実を知っていたということにほかなりません)

この呂尚の話しでは、日本では以下の話しが有名です。

呂尚が釣りと読書ばかりして、生活が困窮しているのに堪えられず、妻の馬氏(中国は昔から夫婦別姓)は自分から離婚して、呂尚のもとを去ります。

ところが呂尚が文王の死後、武王の補佐して殷(いん)の紂(ちゅう)を討つような活躍をします。このような功績もあって、彼は大出世をします。

これを知って別れた馬氏は呂尚のもとを訪ねて復縁を求めます。

すると呂尚は盆(日本のものより深い器)へ水を満たしてから、それをすべて地上にこぼします。そして「もしこの水をすべて盆に戻すことが出来たなら復縁しよう」と言います。しかし、水は土に吸われていますから、これは不可能です。

この故事から「覆水(ふくすい)盆に返らず」という言葉ができて、中国語でも「覆水難収フースイナンショウ」として、今でも使われます。

しかし、私の個人的感想としては、水をこぼしておいて、それをすくわせるなんて、かなり意地悪のような気がしますが、皆さんはどう思われますか。

そんな要求より、呂尚ほどの人なら「僕を20歳の若者に戻してくれたら君ともう一度やり直そう」なんてセリフが有ってもいいような気がします。

だが、このセリフ「18の娘に戻れるなら、いつでも貴方と別れます」のパクリですね。

最近のブログ記事

↓タグから探す