2011年2月アーカイブ

 ムード

 「風邪引き男に、目病み(めやみ)女」という言葉があるようです。その意味は、風邪を引いた男の声と、(注)目を病んでいる女の目は、それぞれ魅力的(セクシー)だということのようです。確かに女性演歌歌手のFさんや若い時の女優のMさんは、目元になんとも言えぬ魅力がありました。男性でも先頃亡くなった俳優の細川俊之さんの声は、魅力的なムードが有りました。フランク永井の歌もそうです。だが細川たかしや三橋美智也の声は、美声とは言っても、ムードがあるとは言わないでしょう。こんな訳ですから私などにムードが有る訳はありません。そう言えば、私はカラオケでムード歌謡なるものを、一回も歌ったことはありませんし、歌ったらそれこそムードぶちこわしでしょう。

 そこでととのいました。

 ムードとかけまして

①生ビールととく

  その心は

  やっぱり低温(低音)でなくちゃあ

②サッカーのPK戦ととく

  その心は

  1 対 1 で生じます

③水遊びととく

  その心は

  流されると危険です

④仏様への御布施ととく

  その心は

  功徳 (口説く)  には必要です

 (注) 一説には、風邪を引いている男が、のどに白い布を巻いた様子が小粋に見えるとも。

 

 

 

|

 身から出た錆

 「過去を顧みるなかれ、現在を頼め。さらに雄々しく未来を迎えよ。(ロングフェロー)」という格好良い言葉があります。だが未来がいくらも残っていない私のような人間が、過去を振返るのは、少しは許して頂けるでしょう。

 さてその過去ですが、当然後悔ばかりですが、何事につけ「中途半端」だったに尽きます。まず仕事の面では、生活の糧と義務感が大部分を占めていたと言えます。人様の役に立ったとか、達成感、自己実現等々には程遠かったようです。だからもし私に莫大な遺産でも有ったなら、三拍子のいずれか(御想像にお任せします)に溺れて、とてもこの歳までは生きられなかったでしょう。

 その遊びですが、中学時代に夢中になった模型飛行機は、夜中までゴソゴソやって家族を悩ませた程度です。それから天井板が碁盤にまで見えた時も有りましたが、ザル碁に毛の生えた程度でした。麻雀放浪記(漫画家の西原さんじゃない方)に憧れた事もありましたが、酒無しでは牌を持てなくなってから、まったく勝てなくなりました。スキーブームの時は人並みに何度も行きましたが、生来の運動音痴で三級止まりでした。それから貸本屋と映画館通いで、近眼にまでなりましたが、もう少し難いものを見ていたら間違いなく人生は変ったでしょう。

 そして最後の学業の方ですが、これは英数理はまったく駄目で、比較的ましな国語、社会も、このメールの発信では、発信者によく訂正をしてもらっています。

 そう言えば、今も続いている道楽の中国語に「半瓶醋」という俗語があります。この意味は、瓶に一杯入っている酢(醋)は、振っても音がしません。半分しか入っていないと音がします。すなわち半可通(なまはんか)の者ほど、知識をひけらかすという皮肉です。

 ということで、錆ならぬ酢を振り廻すこの老人の、ぼけ防止の為の発信に、今しばらくお付き合い下さい。

|