中国の最初の書物と言われる「易経」は紀元前700年頃に成ったとされています。一方、日本で「古事記」が成ったのは712年ですから、その間、実に1400年の開きがあります。

又「臥薪嘗胆」の呉越が争ったのは紀元前495年前後の話しです。

このように中国と日本との歴史の差はおどろくほどです。

さて、釣り好きの人の別名「大公望」の話も周の時代(BC1050?~BC256)のことです。この人は「呂尚(ろしょう)」という名なのですが、渭水(いすい)で釣りをしていて、そこを通りかかった周の文王に見出され、文王の先君の大公が望んでいた人物として「大公望」と呼ばれたところからきています。

又、この史実をふまえて、江戸時代の川柳に「食いますか、などと文王そばにより」があります。(ということは、江戸の庶民はこの史実を知っていたということにほかなりません)

この呂尚の話しでは、日本では以下の話しが有名です。

呂尚が釣りと読書ばかりして、生活が困窮しているのに堪えられず、妻の馬氏(中国は昔から夫婦別姓)は自分から離婚して、呂尚のもとを去ります。

ところが呂尚が文王の死後、武王の補佐して殷(いん)の紂(ちゅう)を討つような活躍をします。このような功績もあって、彼は大出世をします。

これを知って別れた馬氏は呂尚のもとを訪ねて復縁を求めます。

すると呂尚は盆(日本のものより深い器)へ水を満たしてから、それをすべて地上にこぼします。そして「もしこの水をすべて盆に戻すことが出来たなら復縁しよう」と言います。しかし、水は土に吸われていますから、これは不可能です。

この故事から「覆水(ふくすい)盆に返らず」という言葉ができて、中国語でも「覆水難収フースイナンショウ」として、今でも使われます。

しかし、私の個人的感想としては、水をこぼしておいて、それをすくわせるなんて、かなり意地悪のような気がしますが、皆さんはどう思われますか。

そんな要求より、呂尚ほどの人なら「僕を20歳の若者に戻してくれたら君ともう一度やり直そう」なんてセリフが有ってもいいような気がします。

だが、このセリフ「18の娘に戻れるなら、いつでも貴方と別れます」のパクリですね。

|

この四字成語は中国を表す言葉として中国人もよく口にしますし、日本でも使われています。日本語では「ち(じ)だいぶっぱく」と読むようですが、不思議な事にこの読みでは広辞苑や大辞泉には載っていません。してみると、この言葉はまだ日本語としては認知されていないようです。

大事なことを忘れていました。意味は「土地が広くて物産が豊富である」ということです。確かに中国(チベット等を含む)の面積は日本の25倍強ですから大きな国です。

しかし産物が豊かであるかどうかは、大きな疑問があります。

ニュースとなった「レアアース」のようなものは、今のところ、中国が命運を握っているかもしれませんが、耕地面積は世界の10%弱で、人口は世界の20%ですので、例の一人っ子政策で人口増加を抑制しています。

それから「湯水のように使う」という言葉を持つ日本人からは、想像がつかないことですが、中国の水不足は大変に深刻です。かつて何度も氾濫を起こした黄河は、今では見る影もない水量です。

このように食料以外にも足りないものが、数多くあるので、中国は「地大物博」ではなく、同音の「地大物薄」と自嘲する中国人もいます。

そして所得水準にしても、日本に遊びに来て「爆買い」をする中国人も沢山いますが、飛行機に乗ったこともない人も、おそらく日本の総人口以上いるでしょう。だから中国人全部の生活水準が日本人のそれに達するのが、何時になるのかは、中国人自身も解答できないのではないでしょうか。

 

|

前回は動物の「蝙蝠」や「鵲かささぎ」と取り上げましたので、今回は食べ物に致します。

まず「うどん」ですが、これは形状が長いために「長寿」や「結婚が長く続きますように」という意味もあります。特に長寿祝いのものは「長寿面チャンショウミエン」といって、年輩者のいる家庭では、誕生日などに食べる習慣があります。

次に「桃」は仙女西王母(シーワームー、せいおうぼ)の庭に生えている桃を食べると、不老不死になるといわれ、吉果とされています。最近、喜多川歌麿が描いた「西王母」の肉筆画が発見されニュースになりましたが、この人物像の後ろにも桃が描かれています。

中国で桃を持った女性の絵が飾ってあれば、まずこの「西王母」でしょう。日本でも中国料理店などで、本物の桃そっくりの菓子(点心)がコース料理の最後とかお土産用に売っていれば、これは「寿桃ショウタオ」と呼ぶもので、本来は老人の誕生祝い用のしんこ細工の桃なのです。

それからどうしても忘れてはならないものに、おなじみの「餃子ジャオズ」があります。

日本では「ギョーザ」と呼びますが、この発音は中国の北方方言が、そのまま日本に入ったものと思われます。

これは「更歳交子グンスイジャオズ」で、新旧の都市が交替する意味もあり、中国の北方地方では、年越しに食べる習慣が強く根付いています。(中国の長江以南の人は、それほど餃子は食べません)

又、新婚初夜の夫妻に半煮え(中国は水餃子ですから茹でてから食べる)の餃子を食べさせて、「煮えているかどうか」と聞きます。

すると答えは当然「生シヨン」です。「シヨン」は生煮えの意味ですが、これは「子供を生む」の意味をかねていますので、それを言わせているのです。それから餃子の形は、中国の古い時代の銀貨(馬蹄銀ばていぎん、元宝ユアンバオ)に似ていますので、お金に縁があります。

皆さんも餃子を沢山食べて、お金の縁を深くして下さい。

もう一つ、中国料理のコースでは、終わり近くに「魚」がよく出てきますが、これは魚の発音が「ユ」で、同音に「余」すなわち「余裕がある」に通じて目出度いのです。特に宴会料理がたりなくなっては招待側の面子は失われてしまいます。

さらに「鯉こい」ですが、発音が「り」ですから「利」に通じ「利が余る」となってさらに目出度いのです。

私はある宴会で、余という姓の人に会ったときに「貴方はきっとお金持ちでしょう」と言ったところ「余裕のない余です」とと達者な日本語で答えられた経験があります。

さてさて縁起にまつわる話は、まだまだありますが、きりがないので、この辺で終わりとします。

|

中国人の縁起担ぎの中で、絶対に外せないのは「福」と言う字を書いたものが、逆さまになっていて、壁などに貼られたものです。

皆さんもこれは一度は目にしたはずです。

この理由は既に御存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、念のために御説明致します。

これは「福」の字が倒立している訳ですから、「福倒」です。

この福倒は字形からも分かるように「福到」と同音です。

これで「福が来る」と読める訳です。たったこれだけのの理由で目出度いのです。

同じことは「春」の字が逆立ちしていれば「春到」で「春が来る」となるのです。だから冬になると、お店や部屋に飾る人がいるのです。

こんな実例だけで結論を出すのは、いささか乱暴ですが、中国人の縁起担ぎの大半は、この同音か、それに近いものを「諧音シエイン」と言って解釈するのです。

さてそれでは、中国人にとって蝙蝠(こうもり)が吉兆とされる理由が、皆さんお分かりですか?

ヒント1.「蝙蝠」は中国語で「ビエンフー」と発音します。

ヒント2.「蝙ビエン」の同音に「変」があり、「蝠フー」の同音に「福」があります。

さあこれでお分かりになりますよね。

「ビエンフー」は「変福」になって「福に変わる。仕合わせになる」となって目出度いのです。(「遍福」ならばあまねく福とも読めます。)

それから蝙蝠の図柄は通常五匹飛んでいます。

これは「五福」すなわち、長寿・富貴・健康・徳行・天寿を表しています。バットマンとは何の関係もないのです。

次に「鵲かささぎ」の話です。

カササギは天の川伝説では、牛郎と織姫の為に橋になる話は日本でも知られていますが、それだけでなく目出度い鳥なのです。

さてその理由ですが、中国ではカササギは「喜鵲シーチュエ」と書きます。この「喜」の字が付くだけで充分、吉兆なのですが、さらにカササギの鳴き声は①客人来訪②喜事の前触れ。とも言われ目出度いのです。

さらに図柄としては、通常二羽が向かい合わせで描かれ、これで「双喜シュワンシー」すなわちダブルハッピーも表しています。

反対にカラスの鳴声は良くない事の前兆として、中国では嫌われています。中国からの留学生たちも、日本の都会にカラスが多いのは、かなり気になるようです。(鳩は食べてもカラスは中国料理も使わないようです)

まだまだ縁起担ぎの話がありますので、次回も続けることとします。

|

 日本では数字の「4」は「死」を、「9」は「苦」に通じるとして、ホテルの部屋番号だけでなく、駐車場や

パチンコの台でも、このメンバーは敬遠されているようです。

欧米では、キリストを裏切ったユダが、最後の晩餐の13番目の人間に当たることから、「13」が嫌われる数字となっていることはよく知られています。

こんな日本や欧米の旅行客も考慮してか、私も何度か泊った台北のEホテルには、4階と9階がありません。(台湾でも「4スー」と「死」は同音です)だから14階建てなのにエレベーターは16までとなっています。

なお、中国では「9」は陽の数の最高の数(9月9日は重陽の節句、菊の宴)で、しかも「9ジュウ」は「久」と同音で「永久」に通じる目出度い数ですからむしろ歓迎される番号です。

それから「8パー」の発音と金持になる意の「発ファー」とは発音が近いところから「8888」なんて車のナンバーが金運をもたらすものとして、高額で取引されるのは、よくニュースになるところです。

こんなことを知りますと、今名古屋を中心として、中国人観光客相手に「昇竜道」なるプランを進めていますが、名古屋市のマークは「マルハチ」ですから、これも使えるかもしれません。

さらに中国人を対象として、ルートイン88なんてホテルを建てれば繁盛するでしょうか。

さて今回は数字に関係した縁起の話しでしたが、中国人の縁起担ぎは、これ位ではとても納まりません。

次回は蝙蝠や鳥のかささぎが登場する予定です。

|

 「君子」という言葉は、もちろん漢語が日本語になったものです。
辞書でこの言葉を引きますと、いくつも良い言葉が載っていますので一度御覧になって下さい。
本場の中国でも「君子」の意味はもちろん同じですが、全部が日本語になる訳ではありません。そんな中から面白いものを二つ御紹介します。
先ず「君子自重」です。
このまま読んで「君子は自重(じちょう)しなさい」ですが、何のことか、どこに書いてあるか、お分かりになりますか。
日本では、盛り場なので一寸人気(ひとけ)のない、壁やシャッターにこれに相当する言葉が書いてあるのと言えばお分かりになりますか。
さらに、日本では言葉の代りに神様の鳥居の絵があると言えば、もうお分かりですね。
そうです「立ち小便お断り(無用)」のことです。
流石論語発祥の地だけあります。君子たるもの我慢しなければいけません。
高さや距離を競うものではありません。
なお最近の中国では「向前一小歩、文明大一歩」という標語を空港のトイレなどで目にされた方もいらっしゃるでしょう。
これは「文明」が「マナー」の意味と分かれば説明は不要でしょう。
中国は対句(ついく)が好きなのも御理解頂けますか。
そういえば、日本には「急ぐとも、心静かに手を添えて、外に漏らすな松茸の露」という立派な和歌?がありました。話を戻します。
 もう一つは、「君子動口、小人動手」です。
簡単に言って「動口」は口を使う、「動手」は手を出す位ですが、分かりやすく言えば「君子は言葉で、小人は腕力で物事を解決しようとする」です。
人格者は話し合いを旨とするのです。船をぶつけるとか、飛行機で異常接近するとか、領海侵犯を繰り返すなんて、すぐ実力行使に及ぶのは、小人(しょうじん)がやることなのです。

 

|

 少し事情がありまして、長い間発信を休んでいましたが、今月からまた始めますのでよろしくお願いします。

実は昨年、浅学菲才も省みず、中国語の諺に関する本を出版(といっても通販のみ)しまして、今年もその続編を出す予定で現在進行中です。

そこで今回からその中から中国語を御存知ない方にも、興味を持って頂けそうなものを、いくつかご紹介したいと思っております。

その1回目としてこの「文章是自己的好ウェンジャンシーズジーダーハオ」ですが先ず語句の説明を致しますと

「是ミー」は英語のBe動詞に相当して「~です。」の意で「的ダ」は助動詞として「の」で、「好ハオ」は好き・好む」ではなく「良い」の意味です。

これで「文章は自分のが良い」となります。

これだけですと単なる「うぬぼれ、自慢」だけで面白くないのですがこれに対句(中国人はこれが大好き)が付いています。

それは「老婆是人家的好」といいます。

「老婆ラオポー」は「老婆」ではなく、コロンボ刑事がよく口にした「(うちの)かみさん」の意味です。

「人家レンジャー」は「他人、他人さま」のことです。

そこで全体として

「文章は自分のがよくて、かみさんは人さまのが良い」となります。

「手前味噌」.と「隣の芝生は青い」をワンセットにしたあたりまさに中国らしい諺と言えます。

さらに世の奥様方からもっとお叱りを受けそうな諺を次に揚げますと

「家花不及野花香」というのがあります。

これは「野花イエホワー」が「.妻以外の女性」の意味と分かれば説明は不要ですが、書いた私を責めずにこの諺を作った中国人(男性)を責めて下さい。だから私は「文章是人家的好、老婆是自己的好」と(無理にでも)思うようにしております。

なおテレサテンに「路辺的野花不要採ルービエンダーイエホワープヤオツァイ」という中国ではよく知られた歌があります。

 

 

 

 

|

[

|
|

私は牛年生まれですか、今年の干支(えと)の馬に比べて、どうも牛は評価も低いようです。諺の世界でも「牛を馬に乗り換える」と言って辞書では「不利な方をやめて、好都合な方に便乗することのたとえ」としてあります。

干支の本場の中国の四字熟語を見ても、私の持ってる中日辞書では、馬が出てくる成語は全部で41もあるのに、牛のものは15しかありません。

この数多い馬に関する成語のうち、日本語になっている、塞翁が馬(塞翁失馬)や意馬心猿(心猿意馬)などでなく、日本語となっていないものの中から面白いものを二.三挙げてみます。

 「馬到成功マータオチャンコン」

軍馬が到着すると直ちに戦に勝利すること。転じて着手すればたちどころに成功する意。馬年にふさわしい目出たい文句ですので今年の年賀状や中国の商店街やホテルなど至る処でこの文字を目にしました。

「老馬識途ラオマーシートー」

これは管鮑(かんぽう)の交わりで有名な、管仲の智略からきた成語です。それは管仲の軍が他国に遠征したが、帰途に季節も変わり道が判らなくなった。そこで何頭かの老馬の手綱を離したところ

馬は無事軍隊を導いて帰国出来たという故事です。これから「老馬は道を知っている。転じて経験を積んだ人はその道に詳しい。」の意味で使われます。この諺は、私のように徒らに馬齢を重ねた人間には耳の痛い話です。

「騎馬找馬チーマージャオマー」

ウマに乗っていながらウマを探す。転じてすぐ近くにあるのに気づかず遠くを探す。の意です。「青い鳥」の話しともとれるし、好い奥さんがいるのに、他にもっと好い女がいないかと、浮気を重ねる人に当てはまるかもしれません。

 

 

|

最近のブログ記事

↓タグから探す